食べる時は罪悪感をもたずに食べよう!

食べる時は罪悪感をもたずに食べよう!

激辛カップラーメンを美味しくする裏技!

タイの「トムヤムラーメン」や、マレーシア・シンガポールの「ラクサラーメン」には、ココナッツミルクか牛乳を混ぜるのがオススメです!

激辛好きな方以外は、舌がヒリヒリして食べるのがやっとのアジアのラーメンは、お湯の分量を1/4程度に減らして、ココナッツミルクを入れるのがオススメ!

味がクリーミーになって、絶妙感が増します。

ココナッツミルクがない場合は牛乳でもOK!
へたなタイ料理店のラーメンより美味しくなるかもしれません💡

日清食品の、CUP NOODLEトムヤムクンヌードルシンガポール風ラクサ
オススメです!

食べる時は「罪悪感」を持たずに食べる!

こういうお仕事をしていると、至極健康的な食事以外はしないと思われがちですが、ジャンクな食べ物も急に食べたくなる時が沢山あります。

仕事で食べないと…ということは別としても、たまに、こういうアジアのラーメンとか、コカコーラとかが無性に飲みたくなったりするので、そういう時は🎈罪悪感🎈を全く持つことなく美味しく頂くことにしています!

これまで、「漢方や薬膳料理」を勉強したり、
「食事制限」をしたり、
「牛乳や卵などの乳製品」を絶ってみたり、
「完全オーガニック食品生活」をしてみたりと、
色々試してみましたが、もともと虚弱の私が行き着いたところは、

🎈「できるだけ作り立てのものを食べる」ということと、

🎈「なんでも偏見なく、美味しく食べる」ということでした。

無農薬やオーガニックにこだわりすぎて、食べられる食材が少なくなり、「低栄養」になってしまったこともあったり、色々な失敗から、ココに行き着きました。

きちんとしたものを食べていると、「ジャンクなものは欲しくなくなる」と言われたりもしますが、ストレスが溜まったりすると、

『そんなに綺麗には行かないよねっ!!』というのが私の個人的な見解です。

セミナーなどでもよくお話ししますが、そういう時は罪悪感を持たずに美味しく食べるのが一番です。

長い経験の中で、食べた後に胃がもたれたり、調子が悪くなったりと、黙っていても身体が教訓を与えてくれます。

でも、それでもまた、食べたくなることもあって、人間とは本当に懲りない動物なのだと、トイレで苦しみながらよく思います(笑)

でもわたしは、そんな自分を「責める」のではなく、「そんな自分なんだ」と認めてあげるのが一番だなって、思っています。

食べものとわたしカテゴリの最新記事