立春(りっしゅん)

2月3日は「立春(りっしゅん)」

昨日は節分でした。
毎年我が家では、お豆をまき、1年の目標と具体的な実行方法を発表して、恵方巻を食べることにしているのですが、昨日はとにかくお腹がすいていて、お豆を拾った後に、無心に恵方巻を食べ、そのまま手巻き寿司をして、気付いたら何の決意もせずに今日を迎えておりました💦

節気は春を迎えました!

太陽に当たるとポカポカ暖かく、日差しが春になってきたのを感じることができるのが立春の頃ですね。
今日も東のお部屋は太陽の光で暖かく、暖房なしでも快適です。

しかし、そんなポカポカ陽気と共に、早くも花粉が飛び始めています。
コロナにインフルエンザに花粉症…漢方養生学では、3つとも肺が関係する邪です。


喉や肺などの呼吸器系を潤すことが、冬の養生のポイントであり、ウィルス時代の旬の養生のポイントかもしれません。

杏仁がオススメ – 立春の頃

肺などの呼吸器を潤してくれる食材としてオススメなのが、杏仁豆腐の原料である杏仁です。

漢方薬では咳止め、痰切りに使われます。

咳がでている時や、痰がからむ時に、喉や肺を潤わせてくれるだけでなく、杏仁豆腐のひんやり感は腫れた喉をクールダウンしてくれるので、喉の調子が悪い時にも食べやすく、まさに「美味しい食薬!」の代表です。

乾燥の激しいこの時期は、ぜひ杏仁豆腐をデザートにしてみて下さい。

写真は台北の迪化街(テキカガイ)で仕入れた杏仁。
混ざり物一切なしの杏仁です。消費しきれず沢山残ってますが、冷凍保管して大切に使ってます。

日本でも探せば中華街などで手に入りますが、お手軽にコンビニやスーパーで杏仁豆腐を買うのもアリですよね!!

最近はセブンイレブンで杏仁豆腐を見かけませんが、コンビニスイーツも、こんなことを意識して選んでみるのも良さそうです。

ただ、大切なのは「杏仁」が入っていること!

香料やアーモンドエッセンスなどの代替品で作られている杏仁豆腐が多いので、必ず原材料名を確認してくださいね!

杏仁豆腐はスターアニスで香味付け

ちなみに、この杏仁豆腐の香りづけには、中華でお馴染みのスターアニス(八角)というスパイスが使われています。

漢方薬にも配合さされているスターアニスは、お腹の冷えや張り、食欲不振に効果があると言われています。

身体を温めて気の巡りを良くしてくれるので、冷え性の人はもちろんのこと、冷えによる腹痛などの痛みがある時や消化が悪い時、食欲がない時にもお薦めです。
イライラなどの自立神経の乱れを鎮めてくれると共に、女性ホルモンの働きを活発にする作用があるとも言われているので、大寒の頃から春にかけてオススメのスパイスです。

ご自宅で杏仁豆腐を作る時には、スターアニスを1ケ入れて、香りと効能を楽しんでくださいね。

色は悪くなりますが、クコの実を多めに入れるのもオススメです。
甘味があるので、お砂糖の分量を減らすことができます。

効能としては滋養強壮効果にプラスして眼精疲労に良く効きます。

漢方養生学では「血を作る」赤い食材の代表です。
女性は積極的に食べたいスーパーフードです。

Follow me!