冬至(とうじ)

冬至(とうじ)
自家製ゆずピール

12月21日は「冬至(とうじ)」

「陰、極まれば陽となり、陽、極まれば、陰となる」

陰陽五行説では冬至はもっとも「陰」が極まる時。
今日の冬至を境に、「陰」は減少し春に向かって「陽」が少しづつ増えていきます。

これは物事が究極を越えると、正反対に転じて量や質も変化することを表しています。

柚子ピールがおススメ – 冬至の頃

古くから冬至には柚子湯につかる風習がありますが、この黄金色の柚子は太陽を意味するそうです。

陰が極まり弱まった太陽の気を補うのが柚子湯だったとか(参考:日本の七十二候)。

暖かい潤いのある柚子湯には太陽への思いが込められていたんですね!

柚子の皮はピーラで剥いて、天日干しします。
1-2日で香り高い柚子ピールができあがります。

ブレンダーでパウダーにしたら、味噌やくるみ、砂糖と練って、ぜひ柚子味噌を作ってみてください。

お酒やご飯のお供に最適。
豚肉にぬって焼いても美味しいです。

お酒を加えた場合は、アルコールを飛ばすためにも煮詰めましょう!
フレッシュな皮をそのまま使っても美味しいですよ。

ピーラーで剥いたゆずピールは、1年もすると色が茶色に変わります。
柑橘系の香りが弱まり、その代わり甘い芳香が出てきます。

黒くなったからと言って悪くなった訳ではなく、熟成してきたと考えてください。黒くなるのを好まない方は、全てをブレンダーでパウダーにしてしまうことをオススメします。

中国では、黒くなった陳皮の方が、高額で取引されています!
フレッシュと、熟成と両方を味わってください。熟成されたゆずピールは紅茶に入れても美味しいです。

タミフルの原料である「スターアニス」と「熟成したゆずピール」で入れた紅茶もオススメです!

パワフルな太陽と柚子の力をいっぱい身体に取り込んで、師走の忙しい毎日をのりきりたいものですね!

グレートコンジャンクション

2020年、冬至の次の日に木星と土星が水瓶座の上で交わる「グレートコンジャンクション」が起こります。

木星は12年かけて、土星は29.5年かけて太陽の周りを1周し、約20年に1度同じ星座に入ります。12月17日(木曜日)には土星が水瓶座に入り、12月19日(土曜日)には、木星が水瓶座に入りました。

そしてほぼ「冬至」と同時期の12月22日に、この木星と土星が最接近(グレートコンジャンクション)するのです。

木星は「陽」で幸運や発展、オープンマインドを意味し(プラスの要素)、土星は「陰」で、制約や影、コンプレックス(マイナスの要素)を意味します。

この正反対の性質(陰と陽、正と負)をもつ木星と土星が共に、結合や固定など「縛」の性質をもつ「地」の星座から、「自由」を意味する風の性質をもつ水瓶座に移動します。

これにより、1842年から続いた「土の時代」が終わり、ここから先、約200年続く「風の時代」がはじまることで、固定概念を超えた多種多様な時代がくると注目されています。

二十四節季カテゴリの最新記事