処暑(しょしょ)

処暑(しょしょ)

8月23日は「処暑(しょしょ)」

暑さも少しやわらぎ、朝晩の風にほんのりと秋の気配を感じる季節の到来です。

しかし、今年は梅雨明けも遅く、残暑というよりも、まだ夏本番といった感じ。。。毎日暑さとの戦いです💦

ジメジメと暑い毎日ですが、養生の観点からは、生活スタイルをひと足早く夏から秋に切り替えていくことが大切です。

これだけ暑いと、滋養強壮効果のある食べ物で十分に養生をしたくても、食欲がなかったり、素麺や冷やし中華などの炭水化物過多になりやすく、タンパク不足になりがちです。

これが、いわゆる「夏バテ」を招く1つの原因ですが、こんな時こそスパイスを上手に活用して欲しいなと思います。

残暑が厳しい今、皆さんに食べて頂きたいお薦めのスパイスは「ゴマ:セサミシード」です。

「ゴマ」は「腎臓に働きかけて、身体に潤いと栄養を与えてくれる効果」があり、ちょうど今の夏バテの季節から秋に向けて、皆さんになるべくたくさん食べてほしいスパイスなのです!

なかなかゴマを大量に食べるのは難しいと思いますが、「ごまだれ」などにして、たくさんの量を楽しみながら食べていただくのがオススメです。

良くすり潰したゴマに、味噌や醤油、黒糖、少量の酢、牛乳などを加え、すりおろした生姜汁やブラックペパーを加えると、市販のごまだれなんかより美味しいごまだれが出来上がります!

パプリカパウダーを加えればゴマだれの色味もアップして、より美味しそうに見えますよ。

もちろんカロテンも摂取できるので、美味しさと健康と一石二鳥です!

ちなみに、パプリカパウダーはスプン1杯で、ピーマン72個分のカロテンが摂取できます。

ビタミンEが豊富な豚肉や、茹で野菜にかければ、食欲がないこの時期にも、案外美味しく食べられます。

滋養強壮効果のあるゴマで、ぜひ残暑のこの時期をのりきりましょう!!

二十四節季カテゴリの最新記事