立夏(りっか)

立夏(りっか)

5月6日は「立夏(りっか)」

暦では早くも夏になりました!
立夏の前後は、突然の夏日に喜ばされたり、急な雨にがっかりすることも。 

良くも悪くも、心も身体もお天気の影響を受けやすいのが5月です。 

通常であれば、新生活がスタートして約1カ月。
ピーンと張った緊張が緩み、身体に疲れを感じる頃でもあります。

今年は、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、
「新生活がスタートできない!」
という、新たなストレスに、わたしたちは直面しています。

本来5月は、なるべく積極的に外に出て、「太陽」と「緑」を食べ、お家ではリラックス効果のあるお茶で「ホッと一息つく」というのが理想的なんです。

適度な運動とリラックスを心がけた「メリハリのある生活」が、これからくるジメジメとした梅雨に打ち勝つ為の鋭気を養ってくれるんですね。

そういう意味で、この時期に身体を使うことはとっても大切。

イライラ解消にオススメ – 鍋磨き!!

外出は自粛しなければいけませんから、足腰を使うお掃除や無心になれる「鍋磨き」などがオススメです。

足腰を使うお掃除の1つは雑巾掛け、そしてお風呂掃除なども真剣にすればかなり身体を使えますよね!

「鍋磨き」とは、普段使っているお鍋にこびりついている薄茶色の焦げ目を、重曹とスポンジで、ひたすら無心に磨く作業です。

実はこれ、イライラの解消にもなるし、自律神経の安定にもなるんです。

好きな音楽でもかけて、ひたすら焦げをとり、ピカピカのお鍋になるよう磨きます。

「無心になれる!!」  そして
「単調な作業である」

というのポイントです✨

(ちゅうでんきん)を鍛えよう!

この自粛期間は、プラスで、肉体の部分的なところを1箇所決めて、集中的にトレーニングするのもオススメです。

わたしが今、お家でしているのは、腰の側面:(ちゅうでんきん)を鍛えるトレーニング。

非常に筋肉がつきにくい場所なのですが、実は、上半身を真っ直ぐに保ちながら歩くのにとっても大事な筋肉なのです。

(ちゅうでんきん)のトレーニングは、足腰全体の強化にもなり、肩こりなどにも効果があるので、頑張っています。

後ろから見たお尻の形もよくなるので、興味のある方は「桃尻トレーニング」などで検索して見てください。(ちゅうでんきん)を鍛える為のトレーニング方法が沢山紹介されていると思います。

会社員をやめて家で仕事をするようになった時、一番感じたのが足腰の筋肉の減退とむくみでした。
テレワーク されている方も多いと思いますので、足腰の筋力が衰えないように気をつけましょう!!

通勤して、オフィスの中を歩くだけでも、案外身体を使っていたんだなーって、そろそろ皆さん感じ初めているのではと思います。

ミントやローズマリーがオススメ – 立夏の頃

身体を動かした後は、リラックス。
香りの良いお茶で「ほっ」と一息つきましょう!!

お薦めは「スー」とした香りのあるハーブ系スパイスやカモミールです。

ミントやローズマリーを煮出したお茶は、心と身体のクールダウンにオススメです。
お湯で煮出して温かいまま飲むもよし、少し冷やして飲んでも美味しいです。

家にこもっていると、美味しいものを食べることだけが楽しみみたいになってしまい、そうするとお酒もすすんでしまう。。。

その結果、身体の中に熱が溜まって、ある人は胃もたれに、ある人はイライラなどにつながります。

朝食時やコーヒーブレークに飲む、カフェオレなどを、ミントやローズマリーを煮出したお湯で入れたミルクティーにしてみてください!
牛乳のもったり感が苦手な人にもオススメです。

濃いめに入れたカモミールティーに、シナモンとココアをブレンドして温かい牛乳で割ったシナモンカモチーノは、就寝前にオススメです。

暑い日は牛乳を少なめにして、サラサラしたカモチーノに。
この時期に定番のリラックスティーです! 

寝る前に飲めば穏やかな眠りを誘ってくれます。

ただし、シナモンは熱性のスパイスですので、身体がほってったり、カッカッッ!している時には控えましょう。(今は誰もがこんな状態かも?!)

*シナモンカモチーノの作り方や、カモチーノに使われているスパイスやハーブの健康効果などはこちらをご覧ください!

二十四節季カテゴリの最新記事